作品詳細

単話版 背中越しに恋の花
110円
湯屋での逢瀬はひと月に一度だけーー。小金稼ぎに身体を売る奉公人・利助の唯一の楽しみは湯屋に行くこと。だがそこで出会った三助(風呂屋で客の背中を流す下男)の藤二郎の姿に心奪われ別の愉しみへと変わる。凛々しく楚々とした藤二郎は容姿と裏腹に金と相手次第で体さえも売るという。藤二郎に溺れていく利助は、”客”を超えた関係を望むが…?(※当コンテンツは合冊版の『僕の弟子入り顛末記』に収録されています。重複購入にご注意ください)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン