作品詳細

大富豪と罪深き純真
550円
「母の誕生パーティに、同伴してくれないか」初めて会った商談相手に、突然恋人役を頼まれて、クリーオは耳を疑った。母親の押しつけてくる花嫁候補をかわすためだと彼は言うが、プレイボーイとして有名な富豪バイロンと同伴したい女性ならいくらでもいるはず。なぜあかぬけない秘書の私を…? 結局、バイロンの巧みな説得に負けたクリーオは、不慣れなドレスとハイヒールを身につけ華やかなパーティーに臨んだ。彼の手が触れるたびに感じる胸のざわめきに戸惑いながら。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン