作品詳細

私の愛したツバメ
660円
初めて彼を見たとき、若菜は目を奪われた。他人から聞くツバメは、「愛人」と噂されている。”フツーじゃない” 自分とは別世界の人──のはずだった。話せば話すほど、彼の笑った顔に困った顔に若菜は、そわそわした感情を持つようになる。だけど、ツバメから垣間見える「愛人」の関係は、若菜の心に嫉妬をめばえさせて……!?
完結 HertZ&CRAFT

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン