作品詳細

うつくしい体
6巻
198円
6巻まで配信中
『この体に墨を入れるのだと思うと―…高揚感が襲ってくる』
駆け出しの彫り師・夕路の元に舞い込んだ一件の依頼。
それは、巨匠・花田泰泉の名画をミチルの体に彫ること。
ミチルは15年間ずっと、泰泉の作品のモデルとして“先生のためだけ“に生きてきた。
ミチルの美しい顔、美しい体、そのすべてが泰泉の創作の源であり溺愛、そしてミチルもまた彼に心酔していた。
そんなミチルの体に刺青を挿れることになった夕路は、彼の白くなめらかな肢体を前にした時、自分の心の内で溢れだす獣の香を感じ取った。
『外もナカも彼に俺を刻み付けることができたら―…』
ゲイの肉食系彫師×巨匠に飼われる世間知らずな美青年、体と心を染める欲望の刻印―…。
完結 moment

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン