作品詳細

二百パーセント愛してる
550円
会社を解雇されたアビーは、今までの自分を否定されたと感じ、傷心のままひとりタホ湖へ車を走らせていた。つかの間、すべてを忘れ怠惰な人生を送ろう――そう決意した矢先、真夜中の雪道でタイヤがパンクし立ち往生をしてしまう。人生最悪な日。涙をこらえる彼女のもとに、白馬の王子様が現れた。スキーロッジを経営するガーは、端正な顔とたくましい姿でひとときの安らぎを与えた。しかし女性としても自信を失ったアビーには勇気が出ず、そのまま別れるが…。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン