作品詳細

銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
7巻
660円
7巻まで配信中
協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は、支店長として梅田支店に異動する。すると、優良取引先の小塚工務店に対し、並列メインバンクの住之江銀行が運転資金の融資を止めていることが判明。竹中は、小塚の倒産を防ぐため奔走する。一方、三木さんが、竹中と恋仲になった高校時代の後輩・桜の過去を調査すると、解決の糸口となる「過去」が明らかとなる――!
完結 週刊現代
銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
660円
1997年、協立銀行の竹中治夫は梅田支店の支店長と…
銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
660円
協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は,支店長とし…
銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
660円
協立銀行梅田支店長として着任した竹中治夫は、早々に…
銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
660円
協立銀行の竹中治夫は、銀行の中枢・企画部部長への昇…
銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
660円
協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は、支店長とし…
銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
660円
協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は、支店長とし…
銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編
660円
協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は、支店長とし…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

週刊現代の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン