作品詳細

寄席芸人伝
寄席芸人伝 11巻
605円
11巻まで配信中
戦時下、昭和15年頃から寄席が行えないようになっていく。そんな時局で、お座敷や町内会の賑やかしなど汚れ仕事をやる噺家が多かったが、志ん弥は違った。『棒手振りの志ん弥』など12話。 「寄席芸人伝」完結集!
寄席芸人伝
605円
高座で噺の最中に、客席の文士に「まずい! 」と言わ…
寄席芸人伝
605円
噺家のお抱え車夫が、師匠の噺をそばで聞きながら落語…
寄席芸人伝
605円
噺は達者だが芸の真髄がわからぬ若手が、ドサ回りをさ…
寄席芸人伝
605円
楽屋でバクチを打つ、女を伴なってはイチャツク、ヒロ…
寄席芸人伝
605円
若手で随一と言われる柳太だが、ある日からノイローゼ…
寄席芸人伝
605円
唄や踊り、他芸に学べと師匠たちは若手に言うが、小つ…
寄席芸人伝
605円
作家には人間を観察する冷徹な目が必要だと言うが、噺…
寄席芸人伝
605円
アメリカさん(進駐軍の将校たち)が寄席見物にやって…
寄席芸人伝
605円
人情噺の朝楽は、出演料なしのチャリティ出演を持ちか…
寄席芸人伝
605円
楽屋の隅でいつも渋い顔をして座っている円我師匠。若…
寄席芸人伝
605円
戦時下、昭和15年頃から寄席が行えないようになって…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

ビッグコミックの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン