作品詳細

麗しきたくらみ
550円
よりによってこんな形で再会するなんて…。赤ん坊を抱いてストリップ・クラブから出てきたところを、亡き親友の夫マークに見られてしまいペイジは思わず我が身の不運を嘆いた。花嫁付添人として一緒にダンスをして以来、禁断の恋と知りつつマークに思いを寄せてきたのだ。ひと月後、彼は再び姿を現した。「僕の島に来てくれ。妻が君に遺したものを渡したい」思いがけない申し出に驚き、危険な予感に怯えつつもペイジは彼とともに宝石のような小島へと旅立った。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン