作品詳細

スポーツマン佐助
【下】
550円
3巻まで配信中
さらば、佐助。されど忍術修行の旅はつづく!!テラさんの漫画の描き方が明らかに!連載終了後掲載された、『ケチャップのまんがノート』を特別収録。《あらすじ》3度目となる巨人と西鉄の日本シリーズは接戦の末、西鉄に軍配が上がった――。シリーズが終わると、佐助は悔しさを胸に秘めケチャップと再び修行の旅に出発。道中嵐に巻き込まれ、地図に無い南洋のチビクロ島に流れ着くのだった。島の人々はヒトクイ族の侵攻や猛獣に生活を脅かされていることを知った佐助は、猛獣退治とヒトクイ族からみんなを守ることを酋長に約束するのだった。だが、島の勇者パオダイは新参者に重要な役目を任せることを許さず、佐助に一騎打ちを申し込むのだが……。佐助はチビクロ島に平和を取り戻すことができるのだろうか!? 忍術修行の旅もいよいよ最高潮!《解説》芳文社の月刊誌「野球少年」に昭和32年9月号から21回にわたり連載された本作は、数ある寺田作品の中では珍しいエンタテインメント性に重点を置いた作品だ。佐助をつけ狙う少年忍者地雷也、ライバル石川五右衛門との忍術対決など、ユーモアたっぷりに展開していく。だが、川上、長嶋、金田ら球界の大スターと主人公佐助が同じフィールドに立ち、真剣勝負を繰り広げる場面は、スポーツマンシップを大切にするテラさんの漫画観がしっかり反映されていて、大きな見所と言えるだろう。さあ、緊張と緩和を併せ持つこの痛快作を心行くまで楽しもう!主な登場人物●猿飛佐助●ケチャップ●霧隠才蔵●霧隠月子●石川五右衛門●地雷也●パオダイ●カジコ中巻初出「野球少年」(芳文社)1959年4月号~5月号1958年4月号~6月号1959年6月号 【著者紹介】昭和6年8月4日新潟県巻町生まれ。電電公社(現:NTT)に就職するが漫画家への夢を捨てきれず、昭和28年に上京。同年「漫画少年」での掲載からキャリアをスタートさせる。昭和32年6月まで東京椎名町のアパート「トキワ荘」で暮らし、若い漫画家たちと交流を深め、藤子不二雄氏らとともに”新漫画党”を結成。日本漫画界の発展に貢献した。代表作は『背番号0』『スポーツマン佐助』『スポーツマン金太郎』『もうれつ先生』『暗闇五段』など多数。
完結
スポーツマン佐助
550円
もしも、忍者が野球に出逢ったら!?トキワ荘のテラさ…
スポーツマン佐助
550円
「『背番号0』が本格的な野球漫画ですので、それとは…
スポーツマン佐助
550円
さらば、佐助。されど忍術修行の旅はつづく!!テラさ…

この作品を読んでいる人にオススメ

寺田ヒロオの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン