作品詳細

センセイと僕
600円
僕のクラスに今まで見たこともないほど若い新任の先生がやってきた。南のほうから来た先生は雪が珍しいと言い、夏は涼しいと喜んでいた。そんな先生が僕に「かわいいね」と言ってきたことで僕の胸はざわめいて……? 繊細な少年の淡い恋心を描くセンシティブストーリー。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン