作品詳細

偽りのハッピーエンド
550円
アンナは200年前に建てられた城の階段をのぼりドアを開けようとした。だが玄関に鍵はかかっていなかった。ニコスだわ!彼の部下に押さえつけられた妹が悲痛な声をあげる。恐れていたことが現実になった。私の赤ちゃんが…。不安と絶望に胸が締めつけられた。黒い肌と黒髪、美男だが冷淡で残忍そうなニコスの顔には怒りがみなぎっていた。「息子を返してもらおうか」彼は言った。かつて身も心も捧げるほど愛したこの男を、アンナは今、心の底から憎んでいた。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン