作品詳細

701円
会社に解雇され、橋の上で意気消沈していた純清は自殺と間違えられ、森に声をかけられる。森の家に招待され、夕飯までご馳走になった。その後、手伝いという名目で物書きの森の家に通うようになった純清は、森が折々に見せる優しさに惹かれ始め…。穏やかなタッチの中に色気を感じる、ゆるやかなオトナ恋愛物語。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン