作品詳細

九番目の波が…
九番目の波が… 1巻
495円
多映子は幼なじみの文雄と婚約したばかり。近頃彼女は、挙式寸前に逃げ出す夢を見る。これでもう6度目、相手の顔は解らない。正式な結納も済み、あとは式を待つばかりなのに、晴れ晴れとした気分とは何かが違う。そんな時、多映子は文雄たちと遊んだ幼き日の浜辺を思い出す。「小さい波から数えて九番目の波が一番大きいのよ」…。マリッジブルーに揺れる女心を描いた表題他、女達の出会いと別れの恋愛短編集。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン