作品詳細

大棟梁
大棟梁 3巻
462円
3巻まで配信中
●あらすじ/全国から腕利きの大工たちが集まる「日本大工技術・建築コンテスト」に出場中の寅一。2次審査の課題は「図面に従ってミニチュアの家を建てる」というものだ。だが図面上の設計に強度不足を感じた寅一は、独断で補強作業を開始した。大切なコンテストの大舞台で、図面に従う事よりも“住む人の幸せを考える”という大工としての信念を優先させた寅一。一方有堂は図面通りに造ることを重視し、あえて補強はせず素早くミニチュアを完成させた。会場は寅一に影響され補強を始める者と、有堂のように図面を優先する者とに別れて騒然となる。果して審査員はどんな判定を下すのか?(第18話)。●本巻の特徴/寅一の行動を巡り、審査員の評価も真っ二つ。図面通りに造った有堂には91点という高得点が与えられたが、寅一は47点とふるわなかった。コンテスト終了後、寅一は千石組を辞め、日本一の大工になるために全国武者修行の旅に出る。その旅の途中、寅一はコンテストで一緒だった偉典に出会い、彼から自分の両親と祖父の秘められた過去を聞いた。赤城建設会長の祖父・玄武は超ワンマンな男で、自分に歯向った実の息子で寅一の父である竜人を死に追いやった。そのことを知った寅一は玄武を倒すことを決意。二人の壮絶な対決が始まる! 『大棟梁』完結集。●その他の登場人物/千石竜巳(千石組社長。39歳。普段は穏やかだが、いざという時にはすさまじいパワーと技術を見せる)、源田泰三(千石組の大工。28歳)、古葉進(千石組の大工。21歳。抜群の技術を持つが、乱暴者)、関力王・多田川万年

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン