作品詳細

大富豪の意外な提案
550円
「私、赤ちゃんを産むことにしたの」エリーは4年前から密かに想いを寄せていた上司のエイダンに休暇を申請し、人工授精を受けると伝えた。両親の不幸な結婚生活から、恋愛や結婚に夢を抱けないエリーは、エイダン以上に好きになる人は現れないだろうと片思いを諦め、母親としての新しい人生を歩もうとしたのだ。ところがエリーの話を聞いたエイダンは、信じ難い言葉を口にした。「僕がきみの子どもの父親になる。昔からの方法でね」いったい何を言っているの?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン