作品詳細

この腕の中の君を
この腕の中の君を 1巻
495円
「今夜9時、渋谷のアンジェリーナの前で待ってる」 留守電に入っていた駆け落ちのお誘い。しかしそれは間違い電話だった。メッセージを聞いたともえは、電話の男に間違い電話だと知らせるため、指定の待ち合わせ場所に会いに行く。状況を理解した男は慌てて電話しなおしたが、何故だか電話が繋がらない。彼女は10日も前に引っ越した後だった。それからともえと男は、経過報告も兼ねてちょくちょく顔を合わせるようになり…。女の恋愛短編集。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン