作品詳細

江戸の検屍官
6巻
594円
6巻まで配信中
女を検屍した北沢は、自殺か殺しか決めかねていた。その女に執心していた岡っ引きが同じ手口で殺され、続いて岡っ引きが出入りした大店の姑が焼死…。北沢をあざ笑うかのように、次々と起こる殺人事件の犯人は?
江戸の検屍官
594円
現代の捜査では常識ともいえる『検屍』 しかし江戸時…
江戸の検屍官
594円
現代の捜査では常識ともいえる『検屍』 しかし江戸時…
江戸の検屍官
648円
あまり知られていないことだが江戸時代の捜査にも検屍…
江戸の検屍官
594円
死体は雄弁である。殺害方法を語り、動機を語る。時に…
江戸の検屍官
594円
死体は雄弁である。殺害方法を語り、動機を語る。時に…
江戸の検屍官
594円
女を検屍した北沢は、自殺か殺しか決めかねていた。そ…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

ビッグコミックの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン