作品詳細

花束をきみに
550円
芳しき五月の風を受け、田舎町にはそぐわない高級車でノーフォークを訪れたジャック。彼は由緒ある邸宅を手に入れ、セレブ仲間とのちょっとしたお楽しみに使うつもりだった。惨憺たる結婚生活から学んだこと――人生は1度きり、楽しむためにあるものなのだ。待ち合わせ30分前、エンジンを切り振り返った彼の目の端に、美しい金髪の女性が映った。彼女がこの家の現在の所有者なのだろう。ジャックは我知らず微笑んだ。思いがけずすばらしい週末が手に入りそうだ。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン