作品詳細

絆のプリンセス
550円
幼い頃に両親を亡くしたイジー。ただひとりの身内だった伯父も他界し、天涯孤独となった彼女に残されたのは、鍵のかかった小箱だけだった。箱の中身が知りたくて、ネットで鍵を探し始めた彼女のもとに、ある日ひとりの男性がやって来た。黒塗りのリムジンに乗り、側近を従えた長身黒髪の彼が言うには--。「鍵はここにある。君はベルノニア王女で、僕の妻なんだ」何を言うの?アメリカの片田舎で育ったこの私のどこがプリンセスですって?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン