作品詳細

幕末工作人 からす
1巻
440円
幕末……勤皇、佐幕両派は、それぞれ細作(スパイ)機関を使ってしのぎをけずっていた。そんな時代、どちらにも属さない通称『からす』と呼ばれる工作人がいた。薩長に追い詰められた幕府は、民百姓の為無血開城を主張する勝海舟暗殺を計る小栗上野介一派に、からすは工作を仕掛ける。アクション作《喰いちぎる》収録。
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン