作品詳細

昭和元禄落語心中
10巻
660円
10巻まで配信中
都内でただ一軒残っていた寄席が焼失。燃え盛る炎から救い出された八雲(やくも)は、なんとか一命を取り留めた。それから幾日が過ぎ、東京に訪れた春のある日。与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)は、小夏(こなつ)に宿った新しい命を知る。満開の桜の下、小夏が初めて八雲に伝えた感謝の言葉を、ラジオから流れる助六の「野ざらし」が温かく包む――。落語を愛し、落語とともに生きた八雲と助六の物語、ついに完結!!
完結 ITAN
昭和元禄落語心中
660円
満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よた…
昭和元禄落語心中
660円
満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よた…
昭和元禄落語心中
660円
満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よた…
昭和元禄落語心中
660円
満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よた…
昭和元禄落語心中
660円
落語を捨てた助六(すけろく)が、暮らす田舎の温泉街…
昭和元禄落語心中
660円
師匠と交わした約束を胸にしまって芸を磨きついに与太…
昭和元禄落語心中
660円
決別じゃなくて抱えて生きろ――。師匠がくれた覚悟の…
昭和元禄落語心中
660円
八雲(やくも)が口にした「引退」の二文字。いつか来…
昭和元禄落語心中
660円
有楽亭八雲(ゆうらくていやくも)の落語が聴きたい―…
昭和元禄落語心中
660円
都内でただ一軒残っていた寄席が焼失。燃え盛る炎から…

この作品を読んでいる人にオススメ

雲田はるこの他の作品

ITANの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン