作品詳細

ぼくの村の話
7巻
660円
7巻まで配信中
国がぼくらの土地を奪うというのは……、こういうことだったんだ――! 「ぼくの村」の村人たちは、国が持ち出した強制収用という強権に屈することなく、いくつもの砦や地下壕を築き、抵抗を続けていた。だが、ぼくらの手にあるのは火炎ビンと石ころだけ。そこに国は容赦なく襲い掛かってくる!! ついには、一本の松の木だけになってしまい……。この長い闘いがもたらしたものとは、いったい!? 感動の問題作、ここに完結!!
ぼくの村の話
660円
「ぼくの村」、それはどこにでもあった日本の村のひと…
ぼくの村の話
660円
新空港建設の反対運動に乗り出した大人たちの姿は、少…
ぼくの村の話
660円
父も母も兄も、そして祖父やぼくまでもが、反対運動へ…
ぼくの村の話
660円
「ぼくの村」が、少しずつ消えていく。見捨てられた家…
ぼくの村の話
660円
戦いが苦しくなるにつれ、みんなの心がひとつになって…
ぼくの村の話
660円
ついに国からの宣戦布告か!? 「ぼくの村」の“闘争…
ぼくの村の話
660円
国がぼくらの土地を奪うというのは……、こういうこと…

この作品を読んでいる人にオススメ

尾瀬あきらの他の作品

モーニングの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン