作品詳細

がんがらがん
巡礼
432円
8巻まで配信中
最終巻。市子も父亡き後の石善建設の社長として、会社の再建に取り組まなければならなかった。しかし同僚のマイクが二人の仲を取り持ち、朝市と市子は結婚する。第二次世界大戦後、アメリカは次第に自らの犯した過ちに気づき、日系人の名誉回復が始まった。1952年ウォルター=マッカラン法が議会を通過。白人以外の移民にも合衆国への帰化が認められた。長い苦難の果てに、日系1世達にようやくアメリカ市民としての権利と名誉が与えられたのである。1959年シカゴ国際見本市に博多祇園山笠が出品され、1980年ハワイに博多山笠が上陸した。楽市たちの心中は、いかばかりだったろうか?
がんがらがん
432円
アメリカ200年の歴史の半分が、日系人移民史である…
がんがらがん
432円
鉄道工事の仕事を得た楽市たちだったが、食費を切り詰…
がんがらがん
432円
灰色熊に殺られたと思っていた清郷が、生き延びてサー…
がんがらがん
432円
日露戦争に勝利したことで、白人社会には黄禍論が勃興…
がんがらがん
432円
1924年、遂に日本人のみを対象とした移民禁止法が…
がんがらがん
432円
太平洋戦争が始まり、時の大統領ルーズベルトは大統領…
がんがらがん
432円
収容所では、収容者の代表機関は一切認められなかった…
がんがらがん
432円
最終巻。市子も父亡き後の石善建設の社長として、会社…

この作品を読んでいる人にオススメ

長谷川法世の他の作品

マンガの金字塔の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン