作品詳細

月光条例
295話 第24条【かぐや姫】90月光条例(2)
スマホ専用
44円
295話まで配信中
ある月の青い夜。月光と演劇部の前に、おとぎばなしの住人・鉢かづき姫が、いきなり本の中から現れた。彼女は、不思議な月光でねじれてしまった「おとぎばなし」の世界をもとに戻すため、「月光条例」を執行する人間を求めてやって来た使者だった。偶然、条例の〈極印〉を授かり執行者になってしまった月光は…!?

この作品を読んでいる人にオススメ

藤田和日郎の他の作品

週刊少年サンデーの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン