作品詳細

GIANT KILLING
GIANT KILLING(56)
682円
56巻まで配信中
アジアカップ準決勝、日本とオーストラリアの一戦は、4対3と日本が一点リードして、最終盤へ。絶好調の椿と窪田の五輪代表コンビだったが、窪田がヒザを負傷し、途中退場。その光景を目の当たりにした椿は動揺を隠せない。一方、相手の主将サリバンは相手の混乱をよそに、勝負どころを見極めるとチームを引き締め直す。花森、夏木ら攻撃陣が前線からボールを追いかけ、越後、江田ら守備陣が身体を張ってオーストラリアの攻撃を阻止するが、互いに死力を尽くしたゲームの行方は・・・。果たして日本は決勝へと駒を進めることが出来るか――。
GIANT KILLING
660円
本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 達海猛…
GIANT KILLING
660円
弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョ…
GIANT KILLING
660円
1-1の同点で迎えた、リーグチャンピオン東京ヴィク…
GIANT KILLING
660円
開幕戦をあっけなく負けてしまった新生ETU(イース…
GIANT KILLING
660円
ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、新旧…
GIANT KILLING
660円
達海(たつみ)がFW(フォワード)陣に求めるものと…
GIANT KILLING
660円
美しいフットボールを信条とする青の闘将(ガンナーズ…
GIANT KILLING
660円
フットボールの答えは、ピッチに落ちている。2点ビハ…
GIANT KILLING
660円
対大阪ガンナーズ戦。追い上げるETU(イースト・ト…
GIANT KILLING
660円
赤崎(あかさき)、村越(むらこし)、王子不在!? …
GIANT KILLING
660円
雨の川崎戦、決着!! ETU(イースト・トーキョー…
GIANT KILLING
660円
不振にあえぐ東京ヴィクトリー、名門としての存在理由…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

モーニングの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン