dブック
2018年度上半期ランキング TOP5作品50%OFFフェア

2018年度上半期ランキング TOP5作品50%OFFフェア

top
イタリア富豪の孤独な妻
美しき妻はふたりの男の
愛と嫉妬にもてあそばれる…
イタリア富豪の孤独な妻
奥手な娘オクタヴィアは父親の命令でイタリアの実業家アレッサンドロと結婚した。当初は夫の従兄弟プリモとまとまるはずが本人に断られ、幸運にもアレッサンドロに見初められたのだった。昼夜を分かたず愛され、やがて妊娠の望みを果たした彼女だが、夫にロンドンの名医のもと、ひとりで産むようにと言われ愕然となる。なぜ一緒にいてくれないの? 彼女には不安を募らせる理由があった。プリモから結婚の真相とアレッサンドロのある企みを聞いてしまったからだ!!
ダニー・コリンズ/内田一奈
立読増量中 購入
top
シチリア大富豪の誤算
奔放な姉の身代わりに、
無垢な娘は牙をたてられ!?
シチリア大富豪の誤算
亡き双子の姉が代理母出産した子を養うジェマイマのもとに、ある日突然、現れた冷徹無比なイタリア人大富豪ルチアーノ・ヴィターレ――魅惑的な美しい瞳に軽蔑をたたえ、彼は言った。「オレの子供はどこだ? おまえが8か月前に産んだ子だ」なんと姉はジェマイマの名をかたって出産し、契約を無視して姿を消したらしいのだ。ルチアーノの誤解を解けば愛する甥を奪われてしまう…。ジェマイマは母親になりすましシチリアにある彼の屋敷へ同行するのだが…!?
リン・グレアム/羽生シオン
立読増量中 購入
top
鷹王と純潔の踊り子
〈大富豪の結婚の条件 IV〉
美貌の敵王に乙女はみずから
狩られることを選んだ。
鷹王と純潔の踊り子〈大富豪の結婚の条件 IV〉
王女ナディアは長年敵対している国の王ザイードに純潔を捧げようとしていた。彼に和平を聞き入れてもらうのに私が差し出せるものはこれしかない。踊り子として潜り込んだ宮殿の寝室。ここでこれから卑俗と噂のザイード王を誘惑するのだ…。無垢なナディアがベッドの上で身震いをしたその時、果たして王は現れた。驚くべきは悪評とは程遠い品格と美貌。鷹のように鋭い目がナディアの一糸纏わぬ肌を瞬時に赤く染め上げる。そうして彼女の運命は恥辱の夜にゆだねられた!
アンディ・ブロック/羽生シオン
立読増量中 購入
top
別れの代償
冷酷な傲慢富豪との再会が、
熱い想いを呼び覚ます…。
別れの代償
アビーは大富豪ニックと愛しあい、結婚したが、幸せは長く続かなかった。冷たいベッド、女優とのゴシップ、秘書との親密な関係。それでも彼を愛していた。そんな中、アビーは妊娠に喜び彼に告げるも、思いがけず突き放されてしまう。「興味もない」と。その後、一方的に離婚され、子供は認知すらされなかった。涙に暮れたあの時から4年。ニックは再び現れ、復縁を迫ってきた。いったいどういうつもり? 抵抗したいのに、彼の瞳にまた囚われてしまいそうで…。
ジャクリーン・バード/麻生歩
立読増量中 購入
top
一夜だけの妻
かりそめの愛でもいい。
あなたのために全てを捨てる。
一夜だけの妻
ある日、自宅に送られてきた写真を見てアンジェルは色を失った。婚約者であるゾーラ国皇太子ザーヒルと女性の密会写真! 国同士の取り決めとはいえ、13歳で婚約してから彼に恋い焦がれてきたのに、写真の中の彼は情熱に満たされ、幸せそうにほほ笑んでいた…。愛されていないのなら身を引くべきね…。アンジェルは婚約解消しザーヒルを自由の身にしようと決心するが、その条件として、最後の願いを聞いてほしいと懇願した。「私の…最初の男性になってほしいの」
ルーシー・モンロー/みさと美夕稀
立読増量中 購入
top
億万長者と買われた令嬢(独身富豪クラブ III) プレイボーイの憂鬱 クララの秘密 もう一人のケルサ ブライズメイドの秘密 花婿に拒まれて 愛なき富豪が授けた命 ある伯爵とシンデレラの物語 小さな約束/愛ゆえの誤解 王家の花嫁の条件 放蕩王子が見初めた娘(ザヴィエラの花嫁 II) プリンスの望まれぬ花嫁 シークの愛した客室係 花嫁の悲しい嘘 汚れなきギリシアの愛人
top
愛なき億万長者の嫉妬 追憶の重さ ジェラシー 天使が生まれた日 鳥かごのシンデレラ 二人のティータイム ボスとナニーの契約結婚 プリンセスのお相手は? 億万長者の無垢な薔薇 愛を命じた遺言 聖母と嘆きのギリシア富豪 天使に託した二度目の恋 楽園の嵐 再会は甘い苦しみ ボスの受難 売り渡された娘 サンタのくれた恋人 運命の一夜 花嫁泥棒 摩天楼のスペイン公爵 結婚の過ち 家政婦でも愛人でもなく 結婚相手は最高?〈ブライダルブーケ II〉 ウエイトレスの秘密の天使 伯爵のかりそめの妻 義務と結婚 放蕩富豪の求愛(四富豪の華麗なる醜聞 I) 嫌いになれなくて 炎を消さないで 国王の許されぬ愛人

©K.K. HarperCollins Japan.