検索結果一覧

小説・実用書ジャンル「歴史・時代」の検索結果
公家武者 松平信平
小説・実用書
公家武者 松平信平
佐々木裕一
公家鷹司信房の子・信平は庶子であるため門跡寺院に入るしかない。坊主になりたくな…
合本 菜の花の沖【文春e-Books】
小説・実用書
合本 菜の花の沖【文春e-Book…
司馬遼太郎
江戸時代の後期、淡路島の貧家に生れた高田屋嘉兵衛は、悲惨な境遇から海の男として…
ぼんくら同心と徳川の姫
小説・実用書
ぼんくら同心と徳川の姫
聖龍人
北町奉行所の同心・末広喜十郎は、例繰方に勤める人嫌いの偏屈な男。妻に先立たれ、…
地獄耳
小説・実用書
地獄耳
和久田正明
飛脚屋の居候は仮の姿、奥祐筆組頭烏丸菊次郎、地獄耳で「悪」を討つ!二百年前の「…
剣客将軍徳川家重
小説・実用書
剣客将軍徳川家重
近藤五郎
「人前では、ものも言えぬ者、愚かしい者として振る舞え」──父が子に下した密命で…
等伯
小説・実用書
等伯
安部龍太郎
都に出て本物の絵師になる――武家から養家に出された能登の絵仏師・長谷川信春の強…
沼里藩留守居役忠勤控
小説・実用書
沼里藩留守居役忠勤控
鈴木英治
駿州沼里の江戸留守居役・深貝文太郎は、相役の高足惣左衛門が殺人事件の下手人とし…
禁裏付雅帳
小説・実用書
禁裏付雅帳
上田秀人
老中首座松平定信は将軍家斉の意を汲み、実父治済(はるさだ)の大御所称号勅許を朝…
風の市兵衛
小説・実用書
風の市兵衛
辻堂魁
柳原堤下で、武家の心中死体が発見された。旗本にあるまじき不祥事に、遺された妻と…
悪手斬り 居眠り同心影御用
小説・実用書
悪手斬り 居眠り同心影御用
早見俊
例繰方(れいくりかた)幹部から影御用。凄腕与力が下した吟味に疑惑、再調査せよ!…
北町影同心
小説・実用書
北町影同心
沖田正午
江戸広しといえども、これ程の女はおるまい。北町奉行が唸る「才女」旗本の娘音乃は…
小料理のどか屋 人情帖
小説・実用書
小料理のどか屋 人情帖
倉阪鬼一郎
わたしはもはや武士ではありません。思うところあって刀を捨て、包丁を選びました。…
紺碧の艦隊
小説・実用書
紺碧の艦隊
荒巻義雄
昭和18年4月18日。ラバウルを発ち最前線視察と激励に赴く途中、敵P38が接近…
火螢の城
小説・実用書
火螢の城
秋月達郎
戦国一臆病と呼ばれた男と、戦国一勇猛と呼ばれた男の戦いが始まる!慶長五年、徳川…
貸借 百万石の留守居役(七)
小説・実用書
貸借 百万石の留守居役(七)
上田秀人
大藩加賀に参勤交代の季節が近づいた。江戸から琴の待つ金沢へ。会津で国家老相手に…
坂の上の雲
小説・実用書
坂の上の雲
司馬遼太郎
維新で賊軍とされた伊予・松山に、三人の若者がいた。貧乏士族の長男で風呂焚きまで…
一路 (中公文庫)
小説・実用書
一路 (中公文庫)
浅田次郎
失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一…
入り婿侍商い帖 大目付御用
小説・実用書
入り婿侍商い帖 大目付御用
千野隆司 浅野隆広
父は商人、息子は武士。家族が力を合わせて闇を暴く、人気シリーズ新章突入!武士と…
はぐれ十左暗剣殺 黒刺客
小説・実用書
はぐれ十左暗剣殺 黒刺客
和久田正明
徒党を組み、大店を襲っては殺戮を繰り返し、金品を奪う兇賊赤不動が江戸を去ったと…
提灯奉行
小説・実用書
提灯奉行
和久田正明
初老の純情侍、御台様と恋に落ちる! 文化九年(1812)六月、九代将軍重の菩提…

検索の設定を変更する


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン