検索結果一覧

作者名「や行」の検索結果
学園BASARA ~学祭乱闘編~
コミック
学園BASARA ~学祭乱闘編~
也 荒井カロ 柳バトシロー カプコン
『戦国BASARA』シリーズに登場する武将たちが、戦場から学園を舞台にして大騒…
生命の劇場
小説・実用書
生命の劇場
ヤーコプ・フォン・ユクスキュル 入江重吉 寺井俊正
ダーウィニズムと機械論的自然観に支配されていた二十世紀初頭、人間中心的な世界観…
イタリア・ルネサンスの文化
小説・実用書
イタリア・ルネサンスの文化
ヤーコプ・ブルクハルト 新井靖一
精緻な構築体としての国家(der Staat als Kunstwerk)の成…
ギリシア文化史
小説・実用書
ギリシア文化史
ヤーコプ・ブルクハルト 新井靖一
現代のさまざまな国家形態、政治思想、さらに哲学、弁論、文学・芸術の諸ジャンルに…
コンスタンティヌス大帝の時代 ──衰微する古典世界からキリスト教中世へ
小説・実用書
コンスタンティヌス大帝の時代 ──…
ヤーコプ・ブルクハルト 新井靖一
ローマ帝国はなぜ滅んだか? ──ディオクレティアヌス帝からコンスタンティヌス帝…
世界史的考察
小説・実用書
世界史的考察
ヤーコプ・ブルクハルト 新井靖一
1868~72年、著者がスイスのバーゼル大学で行った講義は伝説となった。普仏戦…
ブルクハルト文化史講演集
小説・実用書
ブルクハルト文化史講演集
ヤーコプ・ブルクハルト 新井靖一
本書は底本としてJacob Burckhardt、Gesamtausgabe(…
ルーベンス回想
小説・実用書
ルーベンス回想
ヤーコプ・ブルクハルト 新井靖一
19世紀ヨーロッパを代表する美術史家・歴史家・文化史家ブルクハルト。本書は、「…
習近平 なぜ暴走するのか
小説・実用書
習近平 なぜ暴走するのか
矢板明夫
習近平は2012年秋、中国の最高指導者に就任した。軍の台頭、少数民族との対立、…
習近平の悲劇
小説・実用書
習近平の悲劇
矢板明夫
かつて毛沢東を持ち上げたメディアに騙されない! 「習近平は毛沢東に並んだ」は嘘…
戦わずして中国に勝つ方法
小説・実用書
戦わずして中国に勝つ方法
矢板明夫
「孫子の兵法」で尖閣を守れ。中国には一党独裁体制を守るために、国益を譲った歴史…
デスパレートな令嬢たち
コミック
デスパレートな令嬢たち
矢板みなみ
桐生院家に仕える使用人の息子、六堂いつみ。幼い頃から恋い焦がれるお嬢様、桐生院…
BLモブのお仕事
コミック
BLモブのお仕事
やいび
モブとは、名前や詳細な設定はないが、常に場を盛り上げ、漫画を陰で支えるキャラク…
ホテル・ファーイースト‐裏切りの街のアリス
小説・実用書
ホテル・ファーイースト‐裏切りの街…
八重垣十束 ケイト
ホテルとは名ばかりで、宿泊客は滅多に来ない『極東酒店』。それでも此処は、レディ…
白い花びら
小説・実用書
白い花びら
やえがしなおこ 佐竹美保
少年が林の中で出会った少女。小鳥に話しかける少女はどこか不思議で少年の心を惹き…
くノ一見参!
小説・実用書
くノ一見参!
八重樫南 佐竹彬
高校入学を機に叔母の家で暮らすことになった晴信。引っ越し当日、出かけたコンビニ…
この1冊で苦手を克服 超色鉛筆画レッスン 絵画技法の基本と応用
小説・実用書
この1冊で苦手を克服 超色鉛筆画レ…
弥永和千
色鉛筆という身近な画材を使いながら、他の画材での作品制作の際にも通用する、ハイ…
終わりの志穂さんは優しすぎるから
小説・実用書
終わりの志穂さんは優しすぎるから
八重野統摩
七月、咲留間島。東京のはるか南に位置するその島で、俺は絵を描いていた。もしこの…
還りの会で言ってやる
小説・実用書
還りの会で言ってやる
八重野統摩
いじめをする奴は、もちろん最悪だ。だが、いじめを見過ごす奴だって最悪だ――。お…
犯罪者書館アレクサンドリア ~殺人鬼はパピルスの森にいる~
小説・実用書
犯罪者書館アレクサンドリア ~殺人…
八重野統摩
父親が多額の借金を残して死んだ。神田六彦はその肩代わりとして殺されかけるが、突…

検索の設定を変更する


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン