総合ランキング

国定忠治(新潮文庫)
23521位
国定忠治(新潮文庫)
子母澤寛
土地の親分を斬って旅に出た国定忠治が関八州を股にかけ、なじみの深い府中宿にさし…
旗本退屈男(新潮文庫)
23522位
旗本退屈男(新潮文庫)
佐々木味津三
頃は元禄、花のお江戸の夕まぐれ、宗十郎頭巾のその裏に、眉間の傷をば隠しつつ、悠…
雪之丞変化(上)(新潮文庫)
23523位
雪之丞変化(上)(新潮文庫)
三上於菟吉
大正末期から昭和初頭にかけて、大衆文壇における奇才・三上於菟吉の名声は素晴らし…
雪之丞変化(下)(新潮文庫)
23524位
雪之丞変化(下)(新潮文庫)
三上於菟吉
大正末期から昭和初頭にかけて、大衆文壇における奇才・三上於菟吉の名声は素晴らし…
あだし野(新潮文庫)
23525位
あだし野(新潮文庫)
立原正秋
頽廃の淵にありながら、一顆のレモンのように涼しい顔をした男、壬生七郎――。その…
千人斬り(新潮文庫)
23526位
千人斬り(新潮文庫)
神坂次郎
女に手ひどく捨てられた極端に臆病な侍が、どういうわけか一念発起、“千人斬り”達…
千輪の華(新潮文庫)
23527位
千輪の華(新潮文庫)
津村節子
安易な同棲の果ての心中未遂……。男の裏切りによって痛切な恋の破局を経験した真野…
鍵のかかる棺(上)(新潮文庫)
23528位
鍵のかかる棺(上)(新潮文庫)
森村誠一
客数四千人・従業員三千人――あらゆる欲望を秘めて呼吸する、鉄と石の超高層の棺、…
鍵のかかる棺(下)(新潮文庫)
23529位
鍵のかかる棺(下)(新潮文庫)
森村誠一
客数四千人・従業員三千人――あらゆる欲望を秘めて呼吸する、鉄と石の超高層の棺、…
この三十年の日本人(新潮文庫)
23530位
この三十年の日本人(新潮文庫)
児玉隆也
田中金脈追及のさなかにガンに冒され、わずか半年後、38歳の若さで世を去ったルポ…
天馬の歌 松下幸之助(新潮文庫)
23531位
天馬の歌 松下幸之助(新潮文庫)
神坂次郎
紀州和歌山の泣き虫の少年は、大阪に奉公に出された。火鉢屋、自転車屋での辛いなが…
陽のあたらない坂道(新潮文庫)
23532位
陽のあたらない坂道(新潮文庫)
清水義範
翼よ、あれは何の灯だ? リンドバーグよりも一足先に大西洋横断飛行に成功しながら…
幾松という女(新潮文庫)
23533位
幾松という女(新潮文庫)
南條範夫
「この人と一緒にいたい」京都随一の美妓・幾松が見初めたのは維新の志士・桂小五郎…
ノンちゃんの冒険(新潮文庫)
23534位
ノンちゃんの冒険(新潮文庫)
柴田翔
上京して女子短大英文科に籍を置くこと一年余、はたちにもならないノンちゃんに、子…
チェーホフの手帖(新潮文庫)
23535位
チェーホフの手帖(新潮文庫)
チェーホフ 神西清
「手帖」は、チェーホフの円熟期に当る一八九二年から一九〇四年まで、また「日記」…
回想 太宰治(新潮文庫)
23536位
回想 太宰治(新潮文庫)
野原一夫
若き旧制高校生の頃に太宰治を知った青年は、戦後一人の編集者として太宰と再会する…
樋口一葉伝 一葉の日記(新潮文庫)
23537位
樋口一葉伝 一葉の日記(新潮文庫)
和田芳恵
一葉は自分の身を染めたものだけを遺した。彼女の日記は、明治初期の変動期を、重な…
桜島・日の果て(新潮文庫)
23538位
桜島・日の果て(新潮文庫)
梅崎春生
米軍上陸に備える桜島への転勤が決った暗号員・村上兵曹は、転勤前夜、妓楼で片耳の…
私の食物誌(新潮文庫)
23539位
私の食物誌(新潮文庫)
池田弥三郎
たべものにまつわる言葉の語源、歴史、食生活のしきたりをはじめ、一年三六五日の暮…
男は旗(新潮文庫)
23540位
男は旗(新潮文庫)
稲見一良
大海原を制覇し、その優雅な姿は“七つの海の白い女王”と嘔われたシリウス号も今は…


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン