作品詳細

稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである
1620円
2018年5月26日(土)。場所は横浜アリーナ。B.LEAGUE2年目の最終試合である年間優勝クラブ決定戦(B.LEAGUE FINAL)が行われた。対戦するのは東京の雄・アルバルク東京 VS 最多入場者数・千葉ジェッツ。1万2316人の超満員。決してチケットの値段は安くないのにもかかわらず、一般発売初日に完売。チケットの平均客単価は7200円。普段の試合のプロ野球やサッカー(J1)は2200~2500円、2017-18シーズンのB1レギュラーシーズンが2000円と考えるとかなりの強気のプライシングである。NBAでさえ、チケット客単価は6000円である。売上は8500万円超。ついに、来年のFINALは1試合で1億円のチケット収入を狙えるところまでにきた。今はまだ難しいが、各クラブのホーム試合すべて(30試合)が、この横浜アリーナのようになれば、チケット収入だけで各クラブが30億円稼ぐことになる。お客様からすれば、当然、もっと求めやすい値段にしてほしいと言われることだろう。でも、私には絶対譲れない信念がある。それは、稼いでこそすべて。今までのスポーツ団体では、お金や収益化の話はどこかタブーの雰囲気があった。学校スポーツの影響力が強く、お金の臭いがしないことがなぜか美徳とされてきた。本書の内容は、立ち上げのストーリーをできるだけ生々しく記しながら「人材採用論」からはじまり「リーダーシップ論」「事業戦略論」「マーケティング戦略論」「営業論」などの本質的ポイントをまとめたつもりである。まだまだ未完成…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン