作品詳細

認知症の取扱説明書
864円
累計10万部突破のシリーズ最新刊!今回も、老人の困った行動に対して、・周囲はどうすればいいのか・老人本人は何をすればいいのかを優しく解説します。どれも簡単で、すぐに実行に移せる方法です。ただし、これまでは触れなかった“認知症”による老人の困った行動にまで範囲を広げます。例えば、「徘徊する」「物とられ妄想をする」「火の始末が危なっかしい」など。とはいえ実は、これらの症状は、認知症が原因ではない場合も多いのです。そこで本書は、認知症ではない可能性も模索することで、なるべく簡単に実行できる解決策を教えます。もちろん、認知症である場合にも、どうしたら状況が改善するのかも、お伝えします。この本の著者は、現役の医師であり医学博士の著者・平松類先生。診療で10万人以上の高齢者と接してきた経験に加え、国内外の膨大な医学論文やデータを読みあさって得た知識を総動員してまとめたのが本書です。次のどれかに当てはまった方は、必読ですよ!1、老いた親など、困った行動をする高齢者が身近にいる方2、高齢者全般、高齢者に近い将来になる方3、高齢者と接することが多い介護施設の職員や医療関係者など

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン