作品詳細

たけしの死ぬための生き方(新潮文庫)
583円
まさに驚天動地の一報だった。「たけし、バイク事故で重体!」――。九死に一生を得て奇蹟の生還を果たした著者が、死の淵を彷徨いながら探り当てた思索の極みがここにある。事故から療養までの顛末を赤裸に語りつつ、自らの人生観を再検証していく。「人は何で生きるか」と厳しく自問する「哲学問答」の果て、たけしが到達した死生観とは? 事故を契機に自己を見つめ直した衝撃の手記。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン