作品詳細

永久囚人 警視庁文書捜査官
734円
針金で縛られた遺体が発見された。傍らには、謎の血文字――。鳴海理沙警部補率いる文書解読班に出動命令が下った。理沙がダイイングメッセージの解読に注力する一方、班員の矢代は、新任の夏目と共に遺品の中から小説らしき文章を発見する。幻想小説『永久囚人』の一部で入手困難な稀覯本だと判明し、その原本を辿っていくと、さらなる殺人事件が起きてしまい……。文字を偏愛する理沙が、本に隠された殺人事件を解き明かす!
永久囚人 警視庁文書捜査官
734円
針金で縛られた遺体が発見された。傍らには、謎の血文…

この作品を読んでいる人にオススメ


麻見和史の他の作品


角川文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン