作品詳細

蒼天見ゆ
734円
時代が変われば、生き方も変わるのだろうか――。武士の世が終わりを告げたとき、“最後の武士”が下した決断とは。一生を、命を、そして武士の矜持を懸けて挑んだ、日本史上最後の仇討ち!日本中が開国と攘夷に揺れる時世。西洋式兵術の導入を進めていた秋月藩執政・臼井亘理は、ある夜、尊攘派により妻もろとも斬殺された。だが藩の裁きは臼井家に対し徹底して冷酷なものだった。息子の六郎は復讐を固く誓うが、明治に入り発布された<仇討禁止令>により、武士の世では美風とされた仇討ちが禁じられてしまう。生き方に迷い上京した六郎は、剣客・山岡鉄舟に弟子入りするが――。時代にあらがい、信念を貫いた“最後の武士”の生き様が胸に迫る歴史長篇。「青空を見よ。いかなる苦難があろうとも、いずれ、頭上には蒼天が広がる。そのことを忘れるな――」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン