作品詳細

「男はつらいよ」を旅する(新潮選書)
1209円
「寅さんの負け犬ぶりにいまだに共感する」という著者が、〈美しきもの見し人〉車寅次郎の旅路を追って、「男はつらいよ」全作品を詳細に読み解きながら、北海道知床から沖縄まで辿り歩いた画期的シネマ紀行文。なぜ、あのいつもずっこける放浪者はかくも日本人に愛されるのか? 映画に“動態保存”された「時代」がいま甦る。 ※新潮選書に掲載の写真の一部は、電子版には収録しておりません。
「男はつらいよ」を旅する(新潮選書)
1209円
「寅さんの負け犬ぶりにいまだに共感する」という著者…

この作品を読んでいる人にオススメ


川本三郎の他の作品


新潮選書の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン