作品詳細

鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡
864円
初公演から一世紀を経て、いまなお観客動員記録を更新し続けるタカラヅカ。 巨大な劇場を自前でもつことの意味、「教育システム」と「スターシステム」の両立、「ロングラン」ではなく「新作主義」のダイナミズム。 タカラヅカの強みは、創設者・小林一三の掲げた理想のあくなき追求と鉄道会社のインフラ的発想にあった! 鉄道会社が100年をかけて洗練した「タカラヅカ」パワーの源泉をさぐる。
鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡
864円
初公演から一世紀を経て、いまなお観客動員記録を更新…

この作品を読んでいる人にオススメ


中本千晶の他の作品


ポプラ新書の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン