作品詳細

戦闘機パイロットの世界
戦闘機パイロットの世界“元F-2テストパイロット”が語る戦闘機論
979円
■元航空自衛隊エースが「パイロット視点で語る戦闘機論」・超音速からの減速は意外と難しい!?・飛行時には掛け算すらできなくなる!?・戦闘機の性能で本当に重要なのは何?・たくさんの計器(数値)をどのように見ているのか・高高度まで上がるズーム上昇法とは?・失速には「よい失速」と「悪い失速」がある?飛行時の体感から、計器・HUDの見方、エンジンスタートから着陸までの手順、空戦やマニューバー、失速や緊急時の対応方法まで、“F-2のテストパイロットも務めた”元航空自衛隊パイロットがディープに語る1冊!■著者紹介渡邉吉之 (わたなべ・よしゆき)1951年東京都生まれ。防衛大学校を経て航空自衛隊へ入隊。第8航空団(築城基地)でF-4EJ、飛行開発実験団(岐阜基地)でF-15J戦闘機などのテストパイロットとして勤務。操縦経験機種は各種戦闘機のほか、グライダー、軽飛行機、練習機、大型輸送機、ヘリコプターなど30機種におよぶ。1990年、F-2支援戦闘機の開発のために三菱重工業に移籍。新製機や修理機のテストフライトを担当し、設計の改善等をアドバイスする。1995年、F-2の初フライトを成功させる。その後、同社の戦闘機の生産拠点である小牧南工場の工場長などを務める。現在は、不動産管理会社で役員を務めたあと、同社にアドバイザーとして勤務。共著に『零戦神話の虚像と真実』(宝島社)がある。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン