作品詳細

橘社長の個人秘書
1036円
六年も付き合っていた彼氏に、突然別れを切り出された葉鳥千里。しかもそのモトカレは社内の同僚。職場に居づらくなった彼女のもとに突然、ヘッドハンティングの話が舞い込んだ! 「月に五十万出す。君、俺の個人秘書をやらないか?」大手外食企業の社長、橘創史からの直々の指名に千里は一大決心をする。新しい環境に身を置き、何かとごたごたに巻き込まれる日々の中、彼女は創史の異母兄弟である、もう一人の橘社長、橘有史と出会い――?
橘社長の個人秘書
1036円
六年も付き合っていた彼氏に、突然別れを切り出された…

この作品を読んでいる人にオススメ


同じ作者の他の作品


エタニティブックス・赤の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン