作品詳細

薄い壁の向こうのキミは~放っておけない困った隣人~
216円
隣人は、金髪に青緑色の瞳を持った美青年。しかし薄い壁の向こうから聞こえるのは、男を攻める彼の声で……あ。もしかして……ゲイ、でいらっしゃる? お隣さん。「やかましわ!」俺は思わず壁を叩くが、あまり遠慮の気配はない。こんな迷惑を掛けられているにも拘らず、電車の中で偶然にも悪酔いして立てなくなっていた彼を見つけてしまった。なぜか放っておく気にはならなくて、つい、世話を焼いてしまう俺であったが……。
薄い壁の向こうのキミは~放っておけない困った隣人~
216円
隣人は、金髪に青緑色の瞳を持った美青年。しかし薄い…

この作品を読んでいる人にオススメ


同じ作者の他の作品


フリチラリア文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン