作品詳細

安倍晋三の憲法戦争
1728円
なぜ安倍首相は憲法改正を目指すのか。改憲実現を核とする「戦後レジームからの脱却」は安倍政治の根幹をなすテーマである。「政治家に努力賞はない」を信条としてきた安倍は、宿願の憲法改正への挑戦を「努力賞」に終わらせるわけにはいかないと思っているはずだ。改憲実現は在任中の具体的な達成目標と狙いを定め、行動を起こすと見るのが自然だろう。七十年目の「改憲政戦」の実相を探る――。【著者紹介】塩田潮(しおた・うしお)1946年高知県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。雑誌編集者、記者などを経てノンフィクション作家に。『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『大いなる影法師』『昭和の教祖 安岡正篤』『金融崩壊』『田中角栄失脚』『憲法政戦』『権力の握り方』『復活! 自民党の謎』『東京は燃えたか―東京オリンピックと黄金の1960年代』『内閣総理大臣の日本経済』などがある。【目次】◆序章 改憲案発議が可能に◆第一章 祖父・岸と父・晋太郎◆第二章 「改憲が党是」の自民党◆第三章 二つの自民党憲法案◆第四章 迷走の第一次安倍内閣◆第五章 つまずいた改正要件緩和◆第六章 憲法解釈変更作戦◆第七章 集団的自衛権行使の道◆第八章 改憲政党・橋下維新◆第九章 幻の衆参同日選挙◆終章 七十年目の「憲法戦争」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン