作品詳細

警視庁公安J
警視庁公安J オリエンタル・ゲリラ
842円
4巻まで配信中
エリート公安捜査官・小日向純也の目の前で自爆テロ事件が起きた。犯人はスペイン語とおぼしき言葉を残すものの、意味は不明。ダイイングメッセージだけを頼りに捜査を開始した純也だったが、要人を狙う第二、第三の自爆テロへと発展してしまう。さらには犯人との繋がりに総理大臣である父の名前が浮上して…。1970年代当時の学生運動による遺恨が、今、日本をかつてない混乱に陥れる!
警視庁公安J
799円
幼少時に海外でテロに巻き込まれ傭兵部隊に拾われたこ…
警視庁公安J
723円
警視庁公安総務課庶務係分室、通称「J分室」。類稀(…
警視庁公安J
810円
中国には困窮や一人っ子政策により戸籍を持たない、こ…
警視庁公安J
842円
エリート公安捜査官・小日向純也の目の前で自爆テロ事…

この作品を読んでいる人にオススメ


鈴峯紅也の他の作品


徳間文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン