作品詳細

東京零年
本編
  • 【期間限定】第1巻が 1641円⇒1313円!10月19日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
1313円
殺されたはずの男が生きていた――。電車のホームから落ちた生田目健司を救った永沢亜紀。二人が出会ったとき、運命の歯車が大きく動き始める。脳出血で倒れ介護施設に入所している永沢浩介が、TV番組に一瞬だけ映った男を見て発作を起こした。呼び出された娘の亜紀は、たどたどしく喋る父の口から衝撃の一言を聞く。「ゆあさ」――それは昔殺されたはずの男・湯浅道男のことだった。元検察官の父・重治が湯浅の死に関与していた事を知った健司は、真相を解明すべく亜紀とともに動き出す。時は遡り数年前、エリート検察官の重治、反権力ジャーナリストの浩介、その補佐を務める湯浅。圧倒的な権力を武器に時代から人を消した男と消された男がいた――。
東京零年
1313円
殺されたはずの男が生きていた――。電車のホームから…

この作品を読んでいる人にオススメ


赤川次郎の他の作品


集英社文芸単行本の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン