作品詳細

鬼平犯科帳
鬼平犯科帳(二十四)
460円
24巻まで配信中
風が鳴った。平蔵は愛刀の鯉口を切る。雪か? 闇の中に刃と刃が噛み合って火花が散った──。 著者の逝去によって「鬼平」シリーズ最終作品となった未完の長篇〈誘拐〉。そのほか、おまさ・お熊が活躍し、平蔵の腹違いの妹・お園の婚礼も登場する女づくしの「女密偵女賊」。おまさの亭主と同名の五郎蔵が役宅の髪結いに。緊張感あふれるなかにも、どこかユーモラスな「ふたり五郎蔵」を収録。また一巻目から読み返したくなる、充実の最終巻!
鬼平犯科帳
600円
斬り捨て御免の権限を持つ、江戸幕府の火付盗賊改方(…
鬼平犯科帳
600円
四季おりおりの風物を背景に、喜びや悲しみを秘めた人…
鬼平犯科帳
600円
“鬼平”と江戸の悪人たちから恐れられる幕府火付盗賊…
鬼平犯科帳
579円
はっと、平蔵が舟の中へ身を伏せた。荒屋敷の潜門がし…
鬼平犯科帳
600円
横なぐりに脇差をたたきつけてきた。かわしきれなかっ…
鬼平犯科帳
570円
「つくづくとばかばかしく思うのだよ」なれど「このお…
鬼平犯科帳
600円
「長谷川平蔵と自分とが、もう切っても切れぬ間柄にな…
鬼平犯科帳
570円
悪い事をしながら善い事をし、善い事をしながら悪事を…
鬼平犯科帳
600円
「女は何よりも、男の肌身に添うているべきものだ」「…
鬼平犯科帳
600円
相模の彦十の様子がこのごろ何となくおかしい。むかし…
鬼平犯科帳
600円
鬼の平蔵のもとで働くのは勇猛な者ばかりではない。勘…
鬼平犯科帳
610円
若き日、平蔵と左馬之助は高杉銀平道場の竜虎といわれ…

この作品を読んでいる人にオススメ


池波正太郎の他の作品


文春文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン