作品詳細

居酒屋お夏
居酒屋お夏 九 男の料理
615円
9巻まで配信中
いぶし銀の働きでお夏を支える料理人の清次が、哀しき母子との交流を人知れず深めていた。女の亭主は理由あって旅に出ているのだという。やがて旅帰りした亭主と対面した清次は、その男に好感を抱く。だが彼の眼差しには、修羅場を潜った者特有の鋭さが含まれていた。男の過去に一体何が? 脛に傷持つ者は幸せになれないのか? 感涙の第九弾。
居酒屋お夏
615円
目黒不動で居酒屋を営むお夏。化粧っ気はなく毒舌で、…
居酒屋お夏
615円
口は悪いが、料理は旨い女将のお夏。常連客である貧乏…
居酒屋お夏
615円
居酒屋の名物女将・お夏の許に、髪結の鶴吉から思わぬ…
居酒屋お夏
615円
悲願の仇討ちが、新たな波乱の幕を上げる――。人情居…
居酒屋お夏
615円
母の仇を討ったことにより、闇の勢力との激闘に巻きこ…
居酒屋お夏
615円
活気溢れるお夏の居酒屋の片隅で、静かに油揚げを食べ…
居酒屋お夏
615円
お夏が再会したその男は、親に捨てられ泥棒稼業に身を…
居酒屋お夏
615円
親の愛に背を向けて、散り散りとなった三兄弟。時に疎…
居酒屋お夏
615円
いぶし銀の働きでお夏を支える料理人の清次が、哀しき…

この作品を読んでいる人にオススメ

岡本さとるの他の作品

幻冬舎時代小説文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン