作品詳細

夏への扉
594円
ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から2番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ! そんな時、〈冷凍睡眠保険〉のネオンサインにひきよせられて……永遠の名作。
夏への扉
594円
ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏…

この作品を読んでいる人にオススメ


同じ作者の他の作品


ハヤカワ文庫SFの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン