作品詳細

探偵・日暮旅人の探し物
594円
保育士の山川陽子(やまかわようこ)は、ある日保護者の迎えが遅い園児・百代灯衣(ももしろてい)を自宅まで送り届けることになる。灯衣の自宅は治安の悪い繁華街の雑居ビルにあり、しかも日暮旅人(ひぐらしたびと)と名乗るどう見ても二十歳前後の父親は、探し物専門という一風変わった探偵事務所を営んでいた。 澄んだ目をした旅人と、人形のように美しい灯衣。名字の違う不思議な親子に興味を惹かれた陽子は、探偵事務所を度々訪れるようになる。そして、旅人が持つある“能力”を知ることになる。匂い、味、感触、温度、重さ、痛み。旅人は、これら目に見えないモノを“視る”ことができるというのだが――?
探偵・日暮旅人の探し物
594円
保育士の山川陽子(やまかわようこ)は、ある日保護者…

この作品を読んでいる人にオススメ


山口幸三郎の他の作品


メディアワークス文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン
サイトマップ