作品詳細

世界でいちばん長い写真
594円
人気者だった親友の洋輔が転校してから、宏伸の毎日は冴えない感じだ。特にやりたいこともなく、クラブ活動の写真部でも、部長からしかられてばかり。そんなある日、祖父の古道具屋で、大砲みたいにごつい不思議なカメラに出合う。世界一長い写真が撮れるカメラって!? その日から、宏伸の日常がきらめき始める。ワクワクして胸にジンとくる、青春小説の新たな傑作!
世界でいちばん長い写真
594円
人気者だった親友の洋輔が転校してから、宏伸の毎日は…

この作品を読んでいる人にオススメ


誉田哲也の他の作品


光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン