作品詳細

真田太平記
真田太平記(十二)雲の峰
810円
12巻まで配信中
関ヶ原の折の屈辱を忘れかねる徳川秀忠は、家康が死去するとただちに信之の真田藩に襲いかかった。秀忠は、信之の側近に送り込んだ隠密を使い、冬の陣の直後に幸村と密会した事実を突いて取潰しに追込もうとするが、ただ一人生き残った草の者お江の活躍で信之は難をまぬがれる。そんなある日、上田城に向井佐助の最期を見とった摂津の農夫が遺品を届けに現れる……。全十二巻完結。
完結
真田太平記
766円
天正10年(1582年)3月、織田・徳川連合軍によ…
真田太平記
766円
天下統一を目前にした織田信長が本能寺に討たれたこと…
真田太平記
810円
上州・沼田城の帰属をめぐり北条家と争う真田昌幸は、…
真田太平記
853円
天下統一をなしとげた豊臣秀吉は、これまでとは人柄も…
真田太平記
766円
肉親を次々と失い朝鮮出兵もうまくゆかず、豊臣秀吉は…
真田太平記
810円
幼い秀頼と豊臣家の行方を案じつつ秀吉が亡くなると、…
真田太平記
766円
会津出陣中の徳川軍団から離れ上田に帰った真田昌幸・…
真田太平記
853円
真田昌幸・幸村のために関ヶ原の決戦に間に合えなかっ…
真田太平記
810円
淀君によって大坂城から一歩も外に出されたことのなか…
真田太平記
810円
徳川家康が方広寺の鐘銘に難癖をつけるなどして強引に…
真田太平記
810円
和議休戦の翌日から、徳川家康はすべての参陣者を動員…
真田太平記
810円
関ヶ原の折の屈辱を忘れかねる徳川秀忠は、家康が死去…

この作品を読んでいる人にオススメ

池波正太郎の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン