作品詳細

フェイク
712円
岩崎陽一は、銀座の高級クラブ「クイーン」の新米ボーイ。昼夜逆転の長時間労働で月給わずか15万円。生活はとにかくきつい。そのうえ素人童貞とは誰にもいえない。ライバル店から移籍してきた摩耶ママは同年代で年収1億といわれる。破格の条件で彼女の運転手を務めることになったのはラッキーだったが、妙な仕事まで依頼されて……。情けない青春に終止符を打つ、起死回生の一発は炸裂するのか。抱腹絶倒の傑作コン・ゲーム
フェイク
712円
岩崎陽一は、銀座の高級クラブ「クイーン」の新米ボー…

この作品を読んでいる人にオススメ


楡周平の他の作品


角川文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン