作品詳細

黒い春
702円
覚醒剤中毒死を疑われ監察医務院に運び込まれた遺体から未知の黒色胞子が発見された。そして翌年の五月、口から黒い粉を撒き散らしながら絶命する黒手病の犠牲者が全国各地で続出。対応策を発見できない厚生省だったが、一人の歴史研究家に辿り着き解決の端緒を?む。そして人類の命運を賭けた闘いが始まった?+AF129――。傑作エンタテインメント巨編!
黒い春
702円
覚醒剤中毒死を疑われ監察医務院に運び込まれた遺体か…

この作品を読んでいる人にオススメ


山田宗樹の他の作品


幻冬舎文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン